たった1ヶ月で10人の友達が集まって、誕生パーティーを開いてくれるようになった

話す内容を考える

会話の法則とは

声をかけるのに慣れてきたら話す内容について考えてみます。
まずは前提となるのは会話はキャッチボールだということです。
キャッチボールでは相手が受け取りやすいボールを投げるということが基本です。
相手との距離や位置関係、投げるスピードをコントロールしなくてはいけません。

 

それは会話でも同じく大切です。
相手が返事をしやすい話の内容を提供していかなければ
会話が展開されていきません。

 

話題のコントロール

会話におけるボール(話の内容)のコントロールは具体的にどうすればよいでしょうか。
これを横軸(話の広さ)と縦軸(話の深さ)から考えてみましょう。
会話を始めたときは最初は横軸を意識します。相手との共通の話題を探るためです。
世間話から入っていきます。

 

例えば、初対面での会話で有効なのが出身地に関する話題です。
自分の出身地のことはあらかじめインターネットなどで調べておきましょう。
世間話をしながら話題を派生させていきましょう。
その出身地の食べ物、アーティスト、最近のニュース…という風に
少しづつ主題をずらしていきます。
これを続けていくと相手がテンションを上げて話し始めることがあります。

 

このように相手が気持よいと感じる話題を探りながら内容を
コントロールしてみましょう。

 

相手が話したい話題であればそれを深く聞いていきます。
これが縦軸の話題になります。
この二つの軸を両立させていくと中身のある会話が出来るようになります。


 

 

友だちの作り方マニュアル人気ランキング

ランキング

 

 

友達

友達ができる!【友達作りプログラム】の特徴

友達ができる!周りに誰も友達がいなかった孤独人間が、たった1ヶ月で10人の友達が集まって誕生日パーティーを開いてもらえるようにまでなった! 後発マニュアルながらも人気急上昇中で、ついにランキング1位を獲得! 返金保障付き。

 
 

友達

孤独にならないための友達の作り方の特徴

約3年間売上ランキング上位を維持するロングセラーマニュアル。会話コンサルタン木多崇将氏が、たった28日であなたの人生を変える。28日間で友だちが3人できていなければ購入代金の全額を返金!

 
 

友達

〜 内気なあなたにも使える、人から好かれる11の秘密 〜の特徴

心理学博士&カウンセラー古宮昇が教える!なぜあの人は誰からも好かれるのか。返金保障なし。